僕に幸あれ。君に少し幸あれ

ブログトップ

2005年 10月 24日 ( 1 )

同世代

a0045746_2563043.jpg


誰しも多かれ少なかれ、仲間が居るだろう。そう、かけがえの無い仲間が。俺にも、もちろんたくさんいる。この写真に写ってないヤツも含めたくさん。

共に同じ目線でいろんな画を見てきた。共に笑い、共に泣き、共に苦しみ、そしてまた共に笑う。その繰り返しが絆を生んできた。
何も怖い物など無かった少年時代・・・大人のふりして飾ってた青春時代・・・
いろんなヤツに笑いをもらった。いろんなヤツの壁を皆で飛び越えてきた。俺のいろんな壁も皆で一緒に飛び越えてくれた。
だがこの年になり、なかなか皆で会う機会がなくなってきた。地元で頑張ってるヤツ、県外で夢追ってるヤツ、海外という完全アウェーで戦ってるヤツたくさんいるからだ。
だがこいつら皆は仲間がいるから今があり、過去があり、将来があるのだ。
もちろん俺も含めて。
無論、仲間とは距離など関係ないし、一生きってもきれない関係なのだ。

うん。。。そう願うぜ。

正直言って、この先何が起こるのか全く分からない。一瞬でハゲてしまう程の光輝く未来が待っているのかもしれないし(二つの意味で)、一瞬でハゲてしまう程の悲惨な未来が待ってるかもしれない(まあハゲ以上の悲惨な出来事はそう無いぜ)
まあ、いろんな壁にぶち当たっても皆でまた飛び越えればいい。そのかわり、幸せという名の笑いも少し分けてもらいつつ。

面と向かってはなかなか言えないが、

正直、お前ら居ないと始まらない。お前ら居ないと笑えない。

お前も、お前も、お前も、そう、そこのお前もだ。

また会って笑える日があるから皆、今をがんばれる。

なあ、そうだろう?

将来、ビックになって笑おうぜ。一人もリタイヤすんじゃねーぞ。最後に、






俺に幸あれ、仲間に幸あれバ〜カ。キマッた。
[PR]
by dachininnga | 2005-10-24 05:30 |